外国人技能実習制度に関する監理団体(協同組合)への認定申請及び定期監査の「外部監査人」について

弊社は監理団体の外部監査人に就任することができます。

 

月額報酬額 30,000円(33,000円税込)~

 

事業所や実習実施機関の数により、報酬額は変わりますが、監理団体様との話し合いで報酬額は決定いたします。

外部監査の法令遵守ポイントは、割増賃金不払い、労働時間偽装など、労働基準法などの労働関係法令が遵守されているかを厳しくチェックされます。

 

上記から、社労士による外部監査がおすすめです。

 

監理団体(外国人技能実習)様から外部監査人への依頼には、事業所や実習実施機関の数により報酬額は変わりますが、監理団体様との話し合いで報酬額は決定いたします。

外部監査人への就任

監理団体は、外部役員を置くこと又は外部監査の措置を講じることのいずれかの措置を講じていることを法律上義務付けられています。これは外部の視点を加えることにより、監理団体の業務の中立的な運営を担保しようとするものです。 また、外部監査人は、その「外部」性を担保する観点から、以下のような者であってはならないこととされています。

① 実習監理を行う対象の実習実施者又はその現役若しくは過去5年以内の役職員

② 過去5年以内に実習監理を行った実習実施者の現役又は過去5年以内の役職員

③ ①②の者の配偶者又は二親等以内の親族

④ 申請者(監理団体)の現役又は過去5年以内の役職員

⑤ 申請者(監理団体)の構成員(申請者が実習監理する団体監理型技能実習の職種に係る事業を営む構成員に限る。)又はその現役又は過去5年以内の役職員

⑥ 傘下以外の実習実施者又はその役職員

⑦ 他の監理団体の役職員

⑧ 申請者(監理団体)に取次ぎを行う外国の送出機関の現役又は過去5年以内の役職員

⑨ 法人であって監理団体の許可の欠格事由(法第26条)に該当する者、個人であって監理団体の許可に係る役員関係の欠格事由(法第26条第5号)に該当する者

⑩ 過去に技能実習に関して不正等を行った者など、外部監査の公正が害されるおそれがあると認められる者

外部監査人の職務

外部監査人には、監理団体の各事業所について監査等の業務の遂行状況を3か月に1回以上確認し、その結果を記載した書類を作成・監理団体へ提出することが求められます。

また、外部監査人は監理団体の役職員ではなく、監理団体が行う監査等の業務に従事することがないことから、監理団体が行う実習実施者への監査に、監理団体の各事業所につき1年に1回以上同行して確認し、その結果を記載した書類を作成・監理団体へ提出することが求められます。

 

外部監査人の業務を承ります。

 外部監査人への就任の要請を検討されている管理団体様は、弊社へ問い合わせのうえ、ご面談のあと就任を依頼するかどうかを決定してください。